これから開催されるシンポジウム(平成28年度)

平成28年度市民公開シンポジウム 

「怖~い動脈硬化を知って長生きしよう!-虚血性心疾患と脳血管疾患の予防・予知と治療-」

日時 平成28年11月20日(日)
会場 メルパルク京都
その他  参加費無料・事前申込み不要
     
プログラムなど、詳細はこちら
 
平成28年度市民公開講座【科研費】

「X線CT検査とマンモグラフィー -安心して検査を受けるために-」

日時 平成28年11月26日(土)
会場 広島グランドインテリジェントホテル
その他 参加費無料・事前申込み不要
     
プログラムなど、詳細はこちら
 

開催済みシンポジウム一覧

平成27年度市民公開シンポジウム 

「心臓弁膜症の新しい治療…TAVI」

日時 平成27年11月15日(日)
会場 メルパルク京都
その他  参加費無料・事前申込み不要
参加 134名
プログラムなど、詳細はこちら
 h27_1115poster-s
平成27年度市民公開講座

「放射線と食の安全 ~日本の食文化を守るために~」

日時 平成27年10月10日(土)
会場 金沢市文化ホール(第43回日本放射線技術学会秋季学術大会時)
その他 参加費無料・事前申込み不要
参加 121名
プログラムなど、詳細はこちら
 h27_1010poster_s
第9回 日本放射線技術学会・日本診療放射線技師会 公開合同学術セミナー

『放射線を用いた治療の最前線 -放射線検査・治療の果たす役割-』

日時 2015年8月29日(土) 
会場 京都リサーチパーク
参加費 一般無料、会員1,000円(事前申込み不要)
参加  85名
プログラムなど、詳細はこちら
 h27_0829poster-s
平成26年度市民公開シンポジウム

「肺の生活習慣病COPDを知ってますか? 息苦しい病気は困りますよね」

日時 平成26年12月13日(土)
会場 メルパルク京都(京都市)
その他 参加費無料・事前申込み不要
参加 84名
プログラムなど、詳細はこちら
 h26_1213poster_s
平成26年度市民公開講座 【科研費】

「放射線に対するリスクの正しい考え方~放射線と上手に付き合うために~」

日時 平成27年2月1日(日) 
会場 大宮ソニックシティ(大宮市)
その他 参加費無料・事前申込み不要(先着200名まで)
参加 134名
プログラムなど、詳細はこちら
 h27_0201poster_s
平成25年度市民公開シンポジウム

「狭心症にかからないために」

日時 平成25年12月7日(土)
会場 メルパルク京都
参加費 無料
参加 122名
プログラムなど、詳細はこちら
 h25_1207poster_s
平成25年度市民公開講座【科研費】

「今を問う -私たちの暮らしと医療被ばく-」

日時 平成25年10月19日(土)
会場 アクロス福岡(第41回日本放射線技術学会秋季学術大会時)
参加費 無料
参加 186名
プログラムなど、詳細はこちら
 h25_1019poster_s
平成25年度市民公開講座

「放射線・放射能を正しく理解するための市民公開講座」

日時 平成25年5月18日(土)
会場 コラッセふくしま
参加費 無料
参加 129名
プログラムなど、詳細はこちら
h25_0518poster-s
学会創立70周年記念事業 市民公開シンポジウム

「今を問う! 私たちの暮らしと医療被ばく」

日時 平成25年2月10日(日)
会場 仙台国際センター
参加費 無料
参加 136名
プログラムなど、詳細はこちら 当日配布資料
h25_0210poster-s
平成24年度市民公開シンポジウム 【科研費】

「子宮頸部がんの予防から治療について」

日時 平成24年12月8日(土)
会場 メルパルク京都(京都市)
参加費 無料
参加 116名
プログラムなど、詳細はこちら
開催報告
平成24年度市民公開講座 【科研費】

「放射線に関する正しい教育を実施するための基礎講座」

日時 平成24年11月23日(金:祝日)
会場 つくば国際会議場
参加費 無料
参加 82名
プログラムなど、詳細はこちら
平成24年度市民公開講座

「放射線・放射能を正しく理解するための市民公開講座」

日時 平成24年5月12日(土)
会場 福島県立医科大学 講堂(福島市)
参加費 無料
参加 344名
プログラムなど、詳細はこちら
当日配布資料 「あなたの質問に答えます 正しい理解と安心のために!-Q&A-」
「BqSv換算表」
当日講演資料 「被ばく量を正しく推定するために 実際の測定現状と特徴について~これからの内部被ばく防護」を詳細に~」 福島県立医科大学 放射線健康管理学講座 助手 宮崎 真 先生
平成23年度市民公開シンポジウム 【科研費】

「肝臓がんの治療・診断・予防」

日時 平成23年12月10日(土)
会場 メルパルク京都(京都市)
対象 社会人・大学生
参加 118名
プログラムなど、詳細はこちら
開催報告
平成23年度市民公開講座

「放射線・放射能を正しく理解するための市民公開講座」

日時 平成23年7月10日(日)
会場 コラッセふくしま(福島市)
参加費 無料
参加 547名
プログラムなど、詳細はこちら
当日配布資料 「いただいた質問に答えます 正しい理解と安心のために!-Q&A-」
平成23年度市民公開講座

「放射線・放射能による影響と対策-福島原子力発電所事故による影響の理解のために-」

日時 平成23年6月4日(土)
会場 一橋記念講堂(東京都千代田区)
参加費 無料
参加 150名
プログラムなど、詳細はこちら 当日配布パンフレット
 
平成22年度市民公開シンポジウム

「膝の病気を知る-なぜ膝が痛くなるのか-」

日時 平成22年12月5日
会場 ハートピア京都 (京都)
対象 社会人・大学生
参加 80名
プログラムなど、詳細はこちら
開催報告
平成22年度市民公開シンポジウム

「脳卒中に罹らないために」

日時 平成22年10月16日
会場 仙台国際センター (仙台)
対象 社会人・大学生
参加 232名
平成21年度市民公開シンポジウム

「前立腺の診断と治療の最前線」

日時 平成21年12月13日
会場 メルパルク京都 (京都)
対象 社会人・大学生
参加 79名
開催報告
 
平成21年度市民公開シンポジウム 【科研費】

「暮らしの中での放射線,医療放射線ってなんだろう」

日時 平成21年11月28日
会場 千葉大学 けやき会館(千葉)
対象 中学生~社会人
参加 62名
当日配布パンフレット
平成21年度市民公開シンポジウム

「認知症の診断から治療の最前線」

日時 平成21年10月24日
会場 岡山コンベンションセンター(岡山)
対象 社会人・大学生
参加 153名
 
平成20年度市民公開シンポジウム

「大腸がんの早期診断と治療」

日時 平成20年12月7日
会場 メルパルク京都(京都)
対象 社会人・大学生
参加 57名
 
平成20年度市民公開シンポジウム

「乳がんの診断から治療の最前線」

日時 平成20年10月25日
会場 軽井沢プリンスホテルウエスト(北佐久)
対象 社会人・大学生
参加 156名
開催報告
平成20年度市民公開シンポジウム 【科研費】

「暮らしの中での放射線,医療放射線を考える」

日時 平成20年8月2日
会場 秋葉原ダイビルコンベンションホール(東京)
対象 社会人・大学生
参加 51名
当日配布パンフレット
平成19年度市民公開シンポジウム

「脳卒中の予防と社会復帰のために」

日時 平成19年12月9日
会場 メルパルク京都(京都)
対象 社会人・大学生
参加 98名
 
平成19年度市民公開シンポジウム

「病院における放射線の被ばくを考える」

日時 平成19年11月18日
会場 千葉大学 けやき会館(千葉)
対象 社会人・大学生
参加 121名
当日配布パンフレット
平成19年度市民公開シンポジウム

「心筋梗塞の検査と治療について」

日時 平成19年11月11日
会場 京慈恵会医科大学 (東京)
対象 社会人・大学生
参加 96名
 
平成18年度市民公開シンポジウム 【科研費】

「肺がんによる死亡の撲滅をめざして」

日時 平成18年12月3日
会場 ぱるるプラザ京都 (京都)
対象 社会人・大学生
参加 80名
 
平成18年度市民公開シンポジウム

「病院における放射線の被ばくを考える」

日時 平成18年11月25日
会場 山梨県立文学館(甲府)
対象 社会人・大学生
参加 102名
当日配布パンフレット
平成18年度市民公開シンポジウム

「脳卒中の予防と社会復帰のために」

日時 平成18年10月21日
会場 札幌コンベンションセンター (札幌)
対象 社会人・大学生
参加 152名
 
平成17年度市民公開シンポジウム 【科研費】

「肺がんCT検診:早期肺がんに対する知識」

日時 平成17年12月10日
会場 神奈川県民ホール (横浜)
対象 社会人・大学生
参加 105名
 
平成17年度市民公開シンポジウム

「病院における放射線の被ばくを考える」

日時 平成17年11月26日
会場 福井市保健センター (福井)
対象 社会人・大学生
参加 92名
当日配布パンフレット
平成17年度市民公開シンポジウム

「マンモグラフィによる乳がん検診普及に向けて」

日時 平成17年10月22日
会場 かごしま県民交流センター(鹿児島)
対象 社会人・大学生
参加 200名
 
平成16年度市民公開シンポジウム

「病院における放射線の被ばくを考える」

日時 平成16年11月14日
会場 札幌医科大学(札幌)
対象 社会人・大学生
参加 132名
当日配布パンフレット
平成16年度公開学術シンポジウム 【科研費】

「マンモグラフィによる乳がん検診普及に向けて」

日時 平成16年10月23日
会場 大阪国際会議場 (大阪)
対象 社会人・大学生
参加 303名
 
平成16年度市民公開シンポジウム

「病院における放射線の被ばくを考える」

日時 平成16年9月26日
会場 松本市総合体育館 (松本)
対象 社会人・大学生
参加 112名
当日配布パンフレット
平成15年度公開シンポジウム

「(安心)につながる乳がん検診をめざして」

日時 平成15年11月8日
会場 鶴見大学会館(横浜)
対象 社会人・大学生
参加 102名
 
平成15年度公開シンポジウム

「マンモグラフィによる乳がん検診普及に向けて」

日時 平成15年10月12日
会場 秋田市文化会館(秋田)
対象 社会人・大学生
参加 220名
 
平成15年度市民公開シンポジウム

「病院における放射線の被ばくを考える」

日時 平成15年9月27日
会場 高志会館(富山)
対象 社会人・大学生
参加 86名
当日配布パンフレット
平成14年度公開学術シンポジウム 【科研費】

「(安心)につながる乳がん検診をめざして」

日時 平成14年10月19日
会場 くにびきメッセ(松江)
対象 社会人・大学生
参加 138名
 
平成14年度公開シンポジウム

「放射線診療における被ばくと対策」

日時 平成14年11月9日
会場 池坊学園こころホール(京都)
対象 社会人・大学生
参加 73名
当日配布パンフレット
平成14年度公開シンポジウム 【科研費】

「放射線診療における被ばくと対策」

日時 平成14年10月5日
会場 松山総合コミュニティーセンター (松山)
対象 社会人・大学生
参加 82名
当日配布パンフレット
平成13年度公開シンポジウム

「放射線診療における被ばくと対策」

日時 平成13年11月25日
会場 新潟ユニゾンプラザ (新潟)
対象 社会人・大学生
参加 101名
当日配布パンフレット
平成13年度公開シンポジウム

「X線による乳がん検診の効果と被ばく対策」

日時 平成13年11月10日
会場 名古屋国際会議場 (名古屋)
対象 社会人・大学生
参加 420名
 
平成13年度公開シンポジウム 【科研費】

「放射線診療における被ばくと対策」

日時 平成13年10月20日
会場 北九州市立女性センター (北九州)
対象 社会人・大学生
参加 101名
当日配布パンフレット
平成12年度公開シンポジウム

「市民講座・マンモグラフィ(乳房X線撮影)検診」

日時 平成12年11月5日
会場 札幌市社会福祉総合センター(札幌)
対象 社会人・大学生
参加 181名
 
平成12年度公開シンポジウム 【科研費】

「放射線診療における被ばくと対策」

日時 平成12年10月22日
会場 幕張メッセ(千葉市)
対象 社会人・大学生
参加 375名
当日配布パンフレット
平成12年度公開シンポジウム 【科研費】

「放射線診療における被ばくと対策」

日時 平成12年9月30日
会場 大阪市立総合医療センター(大阪)
対象 社会人・大学生
参加 188名
当日配布パンフレット
平成11年度公開シンポジウム

「乳がん検診の国民的効果を考える」

日時 平成12年1月30日
会場 岡山国際交流センター (岡山)
対象 社会人・大学生
参加 230名
 
平成11年度公開シンポジウム 【科研費】

「医療における放射線被ばくと対策」

日時 平成11年11月20日
会場 斉藤報恩会館(仙台)
対象 社会人・大学生
参加 180名
当日配布パンフレット
平成10年度公開シンポジウム

「集団検診を考える-効率的な乳がん検診は可能か」

日時 平成11年2月6日
会場 九州大学(福岡)
対象 社会人・大学生
参加 190名
 
平成10年度公開シンポジウム 【科研費】

「医療における放射線被ばくと対策」

日時 平成10年11月28日
会場 愛知県がんセンター (名古屋)
対象 社会人・大学生
参加 250名
 
平成9年度公開シンポジウム

「医療における放射線被ばくと対策」

日時 平成10年3月14日
会場 東京医科歯科大学 (東京)
対象 社会人・大学生
参加 250名
当日配布パンフレット
 
平成8年度公開シンポジウム

「わが国の医療放射線被曝と在宅での放射線診療」

日時 平成9年3月1日
会場 国際会議場(広島)
対象 社会人・大学生
参加 150名
当日配布パンフレット
 

 

注)【科研費】印は文部科学省の科学研究費補助金の助成を受けた事業を示しています.