本学会の編集委員長を永年務められた 故 大塚 昭義会員からの寄付金を受け,本学会と日本医学物理学会が共同で発刊するRadiological Physics and Technologyの投稿前に実施する英文推敲費用の一部を助成します.希望される会員は下記の要領をご参照のうえ申請してください.

助成対象会員 Radiological Physics and Technologyへ英語論文が掲載許諾された日本放射線技術学会の正会員および学生会員
助成金額 2万円以内
助成開始年月日 平成24年4月1日
助成回数 同一筆頭著者への助成は年(1月から12月)1回とする.
手続き
1) Radiological Physics and Technologyに論文を投稿する前に,投稿者が,ネイティブスピーカー等の英語校閲の専門家による推敲を依頼する.
2) Radiological Physics and Technologyに論文を投稿する(電子投稿).
3) Radiological Physics and Technologyに投稿した論文のアクセプトの通知後速やかに,助成希望者は以下を学会事務局に提出する.
 
(1) RPT誌編集長からのアクセプトの手紙(メール)の写し
(2) 英語論文推敲に要した費用についての領収書の写し
(3) 申請書(pdfword)※郵送が必要です。
4) 助成金の支払いは,その都度とする.
5) Radiological Physics and Technologyに掲載される論文の謝辞に,大塚昭義英語論文助成金を受けたことを書くことが望ましい.
  例文:This manuscript was partly supported by Akiyoshi Ohtsuka Fellowship of the Japanese Society of Radiological Technology for improvement in English expression of a draft version of the manuscript.