2018年01月12日up 学会雑誌 第74巻1号掲載

[お知らせ]第74回日本放射線技術学会総会学術大会の案内

大会長 錦 成郎

~ 事前参加登録 ~

 

1 . 事前参加登録が原則です.
2 . 学会誌第73巻12号に綴込みのゆうちょ銀行の“払込取扱票”にて2月28日(水)
までにお振込ください.
(ゆうちょ銀行にご自分の口座がある方は,インターネットを利用しての口座振替も可能です.)
3 . 3月下旬頃にネームカードをお届けします.
4 . 3月30日(金)正午からCyPos(電子ポスター)の事前閲覧が可能になります.
5 . 事前参加登録を済ませた方は,当日,受付に立ち寄らずに直接学会場に行くことができます.
6 . 平成29年度の会費未納者と非会員は事前参加登録ができませんのでご注意ください.

~ Web参加について ~

 

 学術大会会場に来場できない会員が,会期終了後にCyPos(電子ポスター)を閲覧できる参加登録区分「Web参加」の受付募集を以下の要領で行います.業務等のご都合で大会に参加できない会員は,この「Web参加」を利用して最新の研究発表や受賞された研究発表などをご自宅や職場等からご覧ください.登録方法等の詳細は“Web参加”登録方法についてをご覧ください. 
閲覧できるのは,JSRTで発表した口述発表,モニタ発表のCyPosスライド,および演者承諾が得られた教育講演,シンポジウム,実行委員会企画等のスライドです.他学会分は閲覧できません.
 
募集期間 : 平成30年3月1日(木)~ 4月6日(金)
ゆうちょ銀行受付分(期限厳守)
閲覧期間 : 平成30年4月15日(日)15:00~ 4月27日(金)正午まで
対象 : JSRT正会員およびJSRT学生会員
登録費 : 3,000円/1人

~ CyPos(電子ポスター)の事前登録 ~

 

1 . 採択された方は,平成30年2月2日(金)正午から3月2日(金)正午までにCyPos用スライドを大会ホームページから事前に登録してください.
2 . 口述発表(一般),口述発表(テーマ演題),英語口述発表(希望者),英語口述発表(推薦者),モニタ発表として採択された方は,CyPos用スライドを登録していただきます.
講演,シンポジウム等は除きます.
3 . CyPos用スライドは,Windows上にてPowerPoint 2003~2016を用いて,すべて英語表記で作成してください.ノート欄には,日本語で説明文を入れてください.Macintoshで作成された場合は,Windows上で再生確認を行ってください.
4 . PowerPointと動画の合計が200MB以内です.
5 . CyPos用スライド事前登録期間中は,必要に応じて何度でもスライドデータの差し替え,オンラインプレビューでの確認が可能です.
6 . 事前登録が終了した3月2日正午以降はスライドデータの変更はできませんのでご注意ください.
7 . 学会誌第73巻12号 お知らせ IXページの「1.CyPos用スライドデータ作成上の注意点」を参照ください.

 

~ 口述発表スライドの事前登録 ~

 

1 . 「口述発表(一般)」「口述発表(テーマ演題)」「英語口述発表」で採択された方は,別途口述発表用スライドを平成30年3月9日(金)正午から4月6日(金)正午まで大会ホームページ から事前に登録してください.
2 . 口述発表スライドは,Windows上にてPowerPoint 2003~2016を用いて,すべて英語で作成してください.Macintoshで作成された場合は,Windows上で再生確認を行ってください.
3 . 最大スライド枚数は31枚ですが,発表時間に収まるような枚数としてください.
4 . 口述発表スライド事前登録期間中は,必要に応じて何度でもスライドデータの差し替え,オンラインプレビューでの確認が可能です.特に動画がある場合は,慎重にチェックをお願いします.
5 . 事前登録期間終了後は学会期間中を含めて,スライドデータの差し替えや修正はできませんのでご注意ください.
6 . 学会誌第73巻12号 お知らせ IXページの「2.口述発表用スライド作成上の注意点」を参照ください.

~ 口述発表について ~

 

1 . 発表時間7分,討論3分です.ただしテーマ演題は発表時間10分,討論5分です.
2 . 口述発表スライドは必ずしもCyPosスライドと同じである必要はありません.
3 . 発表に際してPCプレビューセンターに出向く必要はありません.直接口述発表会場へお越しください.
4 . 念のため発表スライドの入ったUSBストレージをご持参ください.
5 . 講演やシンポジウム等のスライドは当日受付になります.USBストレージをご持参のうえPCプレビューセンターにお越しください.ノートパソコンを持ち込んでの発表はできませんのでご注意ください.
6 . 発表時のスライド送りはマウスを用いてください.キーボードではアニメーションがうまく動作しないことがあります.ご注意ください.

~ モニタ発表について ~

 

1 . 指定された時間までにモニタ発表会場にお越しください.
発表会場は国立大ホール1階(N101室)です.
2 . 会場内には6台の解説用モニタを設置します.
1台のモニタを1演者が担当します.1セッションは30分です.
3 . 最初に座長から演者の紹介と発表内容の着目点等について簡潔に紹介していただきます.
4 . すべての紹介が終わったら,各演者は担当するモニタ前でセッション終了まで質疑討論をしてください.
5 . モニタ発表では,CyPos用に登録したスライドを使用します.

~ 学術大会の出席証明について(会員カード持参のお願い) ~

 

1 . 出席証明は本学会場での会員カードによる受付によって行います.
(ネームカードに出席証明書はついていません.)
2 . 展示ホールAと会議センター5Fの事務局デスクに会員カード受付機を設置します.
会期中に1回,どちらかで受付を行ってください.
3 . 専門部会などでは必要に応じて個別に受付を行います.
各会場前に受付機を設置しますので会員カードによる受付を行ってください.
4 . 会員カードを忘れた場合は,スマートフォンなどを用いて会員ページ『RacNe(ラクネ)』で“会員番号QRコード”を表示するか,出席記録仮カード(受付にて配布)にて受付を行ってください.
5 . 会期終了後,会員ページ『RacNe(ラクネ)』から出席証明書をプリントアウトしてください.会期の翌日(月曜日)午後からプリントアウトできます.(出席記録仮カードで受付された場合は会期終了後の約10日後から本登録可能になります.)
6 . 非会員または賛助会員で出席証明書が必要な方は展示ホールAの事務局デスクにお申し出ください.
7 . 会期中に,会員カード(または“会員番号QRコード”,仮カード)で受付をされなかった場合,あるいは非会員または賛助会員で出席証明書を申し出られなかった場合,出席証明書は発行できませんのでご注意ください.(事後発行はいたしません.)

~ 【広報】“いいねボタン”による投票について ~

 

 参加される方々の目で,優秀と思われる発表を選んでください.
登録されたCyPos(電子ポスター)が投票の対象です.
 投票は大会参加の閲覧者が自ら行うシステムで,閲覧手順を進めていくと画面上に“いいねボタン”が現れます.優秀だと思われたCyPosに“いいねボタン”を押して投票してください.
 “いいねボタン”で複数の演題に投票可能ですが,1演題を複数回投票することはできません.投票結果は学会誌に掲載します. 

~ 会場混雑時の動画配信(発知)について ~

 

JRC2018では,会場が混雑した際に動画配信での対応を予定しています.
ご自身のスマートフォン・タブレット・PC等で動画をご覧いただけます.
閲覧をするためには医学講演動画の総合サイト「発知(Hatti)」への会員登録が必要となります.
会期前にあらかじめご登録いただきますようお願いします.登録方法は次ページをご参照ください.
 

▼配信動画について

  • 学会開催中に会場混雑が発生した場合のみ,動画配信をします.混雑がない場合の配信はありません.
  • 混雑した会場の動画がリアルタイムでのみ配信されるため,事後に閲覧する事はできません.
  • 端末に個人の視聴履歴は残りません.
  • イヤホンを使用しての視聴を推奨します.イヤホンは各自でご準備ください.
▼「発知(Hatti)」について
  会員登録はホームページよりお願いします.

~ 予稿集の送付時期について ~

 

1 .  会員(学生会員,賛助会員を含む)には,第74回日本放射線技術学会総会学術大会の予稿集を無料で学会誌第74巻3号に同封します.ただし,平成30年2月15日時点での平成29年度会費完納者に限ります.
なお,会員情報登録にて「学会誌の冊子送付を希望しない」を選択されている正会員・学生会員で,予稿集の送付を希望される方は,平成30年3月5日までに会員ページ『RacNe(ラクネ)』から登録内容を「送付を希望」に変更してください.
2 .  大会プログラムなどの詳細は平成30年3月上旬に学会ウェブサイトに掲載します.なお,大会予稿集の電子版(PDF)は正会員・学生会員のみ閲覧いただけます.