第71回撮影部会

 第71回撮影部会
会期:2018年10月4日(木)~6日(土)
会場:仙台国際センター
撮影部会誌「Vol.26 No.2 通巻71号」に各講師の抄録を記載しています.
抄録は日本放射線技術学会会員システム(RacNe)にログインしてご覧下さい.
皆さま奮ってご参加下さい.

◎テーマA(一般)『災害時の医療体制』:10月5日(金)14:30~17:30
   司会:奈良県立医科大学附属病院(撮影部会委員)中前 光弘
 教育講演『東日本大震災,原子力事故の経験から』
   講師:福島県立医科大学医学部放射線健康管理学講座 大葉 隆
   
 ワークショップ  ―よりよい撮影技術を求めて(その141)―
  『災害を通して伝えたいこと!』
   座長:りんくう総合医療センター(撮影部会委員)西池 成章
       国立病院機構 仙台医療センター 高橋 大樹
 (1)「災害時に診療放射線技師ができること」
      国立病院機構 災害医療センター 小西 英一郎
 (2)「災害現場における放射線検査の現状と課題」
      神戸赤十字病院・兵庫県災害医療センター 中田 正明
 (3)「東日本大震災を経験して 診療放射線技師の立場から」
      石巻赤十字病院 及川 林
 (4)「被災した装置の確認と対応について」
      JIRA法規・安全部会 安全性委員会(㈱島津製作所) 谷川 勝哉 谷川 勝哉

 みどころ:今回の撮影部会“一般”のテーマは災害医療です!東日本大震災の被災地より,
      災害を通して伝えていくべきことを中心にお届けいたします.
      医療人としてどのように取り組んでいくべきか,
      このワークショップを通して考えてみてください!

◎テーマB(MR)『圧縮センシングの基礎』:10月4日(木)15:20~17:20
   司会:群馬県立県民健康科学大学(撮影部会委員)林 則夫
 教育講演『基礎から学ぶ圧縮センシングMRI』
   講師:東北大学大学院医学系研究科 町田 好男
   
 ワークショップ  ―よりよい撮影技術を求めて(その142)―
  『圧縮センシングを利用した撮影技術』
    座長:群馬県立県民健康科学大学(撮影部会委員)林 則夫
       東京慈恵会医科大学附属柏病院(撮影部会委員)北川 久
 (1)「高速撮像における圧縮センシング」
      東京女子医科大学東医療センター 小島 慎也
 (2)「圧縮センシングの特性」
      東京大学医学部附属病院 上山 毅
 (3)「臨床における圧縮センシング(1)」
      東京女子医科大学病院 後藤 康裕
 (4)「臨床における圧縮センシング(2)」
      福井大学医学部附属病院 金本 雅行
 (5)「臨床における圧縮センシング(3)」
      信州大学医学部附属病院 木藤 善浩

 みどころ: 圧縮センシング(CS)の基礎から最新CSテクニックまでマスターできます!!