【背景】

日本における診断参考レベル(DRL)が2015年6月にJ-RIMEよりDRLs2015として発表され、血管撮影・IVR領域でのDRLsは「透視線量率:20mGy/min」とファントムを利用しての基準透視線量率に設定されています。このDRL値は、装置の透視線量率をコントロールすることにより透視画質を考慮し患者被ばく線量の最適化を目指すものであります。一方、血管撮影・IVR領域は他の診断領域と大きく異なる特徴があり、術者である医師による医療被ばくへの関与が大きい領域であることから、今回のDRL値は手技中の術者にとって最適化へ繋がる臨床での数値設定となっていない点から利用が難しいとの指摘があり、術者の参考となる指標の確立が急務となっております。

 

【調査の協力お願い】

日本医学放射線学会(JRS)と日本放射線技術学会(JSRT)の学術研究班であるDRLs 2015の血管撮影・IVR分野における効果検証および追加項目に関する検討班との合同調査として「IVRに関する医療被ばく実態調査及び線量評価」が開始されました。

調査は放射線科専門医研修施設へ調査依頼が送られております。
線量調査シートには各症例での臨床情報と線量情報を入力する項目があります。症例は脳動脈瘤コイル塞栓術、冠動脈形成術(PCI)、肝動脈化学塞栓療法(TACE)、腸骨・下肢動脈拡張術(PTA)、TEVAR、EVARなど全身のIVRが対象となっており、放射線科医師以外の施行医が行う領域もありますので、放射線科医師が全てを入力することが難しいと考えられます。また、線量情報に関しましても放射線科医師が入力することが難しい項目があります。
日本放射線技術学会の皆さまには日常診療にてご多忙の所、大変恐縮ではございますが、各施設での調査記載にご協力いただけますようお願いいたします。

 

【調査の効果】

本調査は、DRLs2020の構築に向け重要なデータであり、医療法施行規則の改正(令和2年 4月施行)での線量管理に必須となります。

 

【倫理的配慮】

本調査は、国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所の審議に基づき、国内多施設共同で実施するものです。
本調査は、公益社団法人日本放射線技術学会から承認を受けた、平成28.29年度学術調査研究班「DRLs 2015の血管撮影・IVR分野における効果検証および追加項目に関する検討班」の活動の一環として実施いたします。本研究班と日本放射線技術学会との間に申告すべき利益相反はありません。

 

問合先

本調査に関する質問は下記まで問い合わせください。
  本学術調査研究班長:坂本 肇(順天堂大学保健医療学部診療放射線学科)
E-mail:h.sakamoto.qv@juntendo.ac.jp

班員

五十嵐 隆元 国際福祉医療大学
塚本 篤子 NTT東日本関東病院 
加藤 英幸 千葉大学医学部附属病院 放射線部
加藤 守 秋田県立循環器・脳脊髄センター 放射線科診療部
川内 覚 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 放射線部
赤羽 正章 国際福祉医療大学
盛武 敬 産業医科大学