本学会では,学術委員会の下に学術研究班を設置し,放射線技術学に関する研究の推進と啓発を行なっています.この学術研究班は,個人で研究するには困難な研究課題について全国からエキスパートを募り共同研究を通じて成果を上げていただくために編成されます.申請区分は,学術委員会から提示するテーマに添った研究(A)と,従来からの一般研究(B)(放射線技術学に関連しており,個人で研究を行うには困難であり,社会や会員に対する寄与が認められる研究)が設けられています.

2021年度の申請区分(A)のテーマは;

放射線診療における感染対策に対する研究」と画質および被ばく線量の最適化に関する研究の2つです.

 活動期間は,すべて2021年5月から2023年1月です.(A)区分は最大80万円3~4班,(B)区分には最大50万円4~6班の活動費と採用を予定しています.応募研究課題の採否および活動費は,申請書の研究内容および執行計画を学術委員会で精査し審議のうえ決定します.(A)区分に採用されなくとも(B)区分で採用する場合もあります.

 学術調査研究班の活動成果は,2022年度の秋季学術大会で発表するとともに,本学会誌または英語論文誌に学術論文として投稿していただくことが原則となっています.また,学術研究班申請書と共に,誓約書の提出が必要となります.

本学会の学術活動のリーダーシップを担う将来有望な研究者の皆さんからのご応募を期待します.

 

○ 応募条件
  (1) 申請区分Aへの応募に関しては,班長以外の班員に非会員が含まれていても可としますが,申請区分Bの研究班に関しては,原則として,班員はすべて会員で構成すること.班長・班員は会員・非会員に関係なく,全員が申請前に本学会の会員システムRacNeに登録してください(非会員はシステムユーザーで登録).
  (2) 班研究に関して,本学会の倫理規定に準じた適正な倫理対応がなされていること.
  (3) 研究班の活動期間は2年間とし,その活動成果を活動2年目の秋季学術大会で報告するとともに,活動終了後,速やかに(1年以内に)本学会雑誌または英語論文誌(Radiological Physics and Technology:RPT誌)に学術論文として投稿すること.但し,上記を満たすことが困難な場合は,学術研究の結果を会員が共有できる形態(本学会ホームページでの公開など)での報告も可とします.
応募書類
  応募書類は,申請用紙誓約書をダウンロードし,必要事項をすべて記載の上,電子メールへの添付書類で学会事務局に申し込んでください..
      
○ 応募締切:2020年8月31日(月)
○ 応募先: 公益社団法人 日本放射線技術学会 事務局  E-mail office@jsrt.or.jp

 

2020年度採用分の研究課題と班長

【申請区分(A):「医療放射線の適正管理に関する研究」と「放射線技術科学におけるビックデータ活用に関する研究」】

区分
研究課題
班 長
A
 
 

1. 核医学検査における被ばく線量および画質の適正化を目的としたSPECT総合画像評価用ファントムの開発

市川 肇

2. アミロイド薬剤を用いた放射性薬剤自動投与器の投与精度に関する研究

前田 幸人

3. 放射線治療プロセスの適正管理に関する研究: 不確かさを用いた品質管理

木下 尚紀

4. 医療被ばくの線量管理におけるモダリティー横断的標準分類コードの確立

船橋 正夫
B
 
 

1.ディジタルマンモグラフィにおける撮影履歴の収集とデータベースの構築および技術的な因子の解析

石井 美枝

2.MRI検査用金属探知機の特性評価に関する研究

林 則夫

参考:学術研究班報告 https://www.jsrt.or.jp/data/activity/gakujyutu/report/#h24