著者名:放射線技術史編纂特別委員会
出版社:日本放射線技術学会
発売日:2002年4月1日
サイズ:A4判 340ページ(初巻,第二巻CD-ROM付)
価格:3,000円(税込)
数量:

解説文

会員価格3,000円

目次

第1章 放射線技術の変遷………………………1
 1.1 放射線技術史編纂の経過(遠藤俊夫)……3
  1.1.1 技術史発刊の経緯
  1.1.2 第一巻の記述内容
 1.2 各年代での特記事項と特徴………………4
 1.3 まとめ………………………………………9
年表(放射線技術の歩み・機器の開発と変遷)……11

第2章 臨床応用技術………………………………27
 2.1 放射線技術学・技術概論および放射線管理(西谷源展・粟井一夫) …29
  2.1.1 放射線技術学・技術概論
  2.1.2 放射線管理技術
  2.1.3 測定技術
 2.2 画像技術(藤田広志)………………………61
  2.2.1 画像評価
  2.2.2 医療(X線)画像における画像処理
 2.3 感光材料(藤田広志)………………………97
  2.3.1 蛍光板とその関連技術
  2.3.2 増感紙・フィルムとその関連技術
  2.3.3 現像処理とその関連技術
  2.3.4 その他の感光材料とその関連技術
 2.4 X線検査技術(土`井司) …………………111
  2.4.1 頭部領域(耳鼻科・眼科領域を含む)
  2.4.2 胸部領域
  2.4.3 腹部領域
  2.4.4 骨・関節領域
  2.4.5 軟部領域(主に乳房撮影)
  2.4.6 消化管領域
  2.4.7 血管領域
 2.5 X線CT検査技術(土`井司) ……………165
 2.6 MR検査技術(土`井司) …………………180
 2.7 超音波検査技術(土`井司) ………………195
 2.8 骨密度測定技術(土`井司) ………………206
 2.9 核医学検査技術(増田一孝) ……………216
  2.9.1 体外計測技術
  2.9.2 試料測定技術
 2.10 放射線治療技術(内山幸男) ……………234
  2.10.1 放射線治療技術の動向
  2.10.2 治療装置とQA
  2.10.3 治療計画と照射技術
  2.10.4 データ転送と治療システム
 2.11 医療情報技術(松井美循) ………………267

第3章 日本放射線技術学会の歩み(田中龍蔵)…279

第4章 歴代会長からのメッセージ…………325
技術史第二巻の編纂を終えて……………………337

( )内の氏名は編集者名を示す。