2019年08月19日up 学会雑誌 第75巻8号掲載

第47回日本放射線技術学会秋季学術大会に関するご案内(学会誌8号)

大会長 福西 康修,実行委員長 南部 秀和

■事前参加登録についてのご案内

1.はじめに
当日の参加登録も可能です(現金のみ,クレジットカードは使用不可).
大会に出席される会員(学生会員も含む)は,会員カードまたは会員番号QRコードを忘れずにご持参ください.事務局デスクや専門部会受付などに設置する会員カード受付機に登録することで,出席記録が残ります.
会員カードの紛失,再発行等については,Q&Aページをご確認ください.
会期中に,会員カード受付機で受付をされなかった場合,あるいは非会員で出席証明書を申し出られなかった場合,出席証明書は発行できませんのでご注意ください.(事後発行はしません.)
今大会から正会員,非会員,賛助会員の参加登録費が変更になりました.詳しくは後述の《大会および情報交換会の参加登録のまとめ》をご確認ください.
2.大会の事前参加登録について
事前参加登録の申込期間は2019年9月 1日(日)~9月20日(金)です.
支払い期限は9月23日(月・祝)です
事前参加登録できるのは正会員のみで,事前参加登録費は10,000円(不課税)になります.
大会の事前参加登録は会員システム『RacNe(ラクネ)』を使用します.
入金方法は,RacNe(ラクネ)からのクレジットカードまたはPay-easy(ペイジー)払いのみです.
大会の事前参加登録の領収書は,大会2日前から,RacNe(ラクネ)の「学会・セミナー申請済」ボタンからご自身で印刷していただけます.
事前参加登録費の入金後のキャンセルおよびご返金の対応はいたしかねます.ご了承ください.
参加登録いただいた方には,大会開催前(10月上旬頃)に参加証を発送します.RacNeに登録されている送付先住所に発送しますので,事前に登録情報の確認をお願いします.
3.会員システム『RacNe(ラクネ)』からの事前参加登録方法
会員システム『RacNe(ラクネ)』にログインする.
「学会・セミナー参加申請」ページから,以下名称を選択し,支払い期限(923日)までに支払い手続きをする.名称:【正会員限定】第47回日本放射線技術学会秋季学術大会【事前参加登録】

支払期限までにご入金が確認できなかった場合は,事前参加登録を管理者側でキャンセルさせていただきますので,当日参加登録をお願いします.(当日参加登録費になります)

支払い手続き後に発行される秋季学術大会事前参加登録の「受付票」(PDF)は,今大会では使用しません.
※事前参加登録方法の詳細は“会員システム『RacNe(ラクネ)』を使用した各種セミナーの申込方法”をご参照ください.
4.情報交換会について
参加費:事前登録5,000円,当日登録6,000円 (事前登録の支払いはクレジット決済のみ.当日登録の支払いは現金のみです)
定 員:400名(ただし事前登録400名に達した時点ですべての受付を終了します.)
事前登録期間は2019年9月 1日(日)~9月20日(金)です.支払期限は9月23日(月・祝)です.
第47回日本放射線技術学会秋季学術大会HPの「情報交換会事前登録システム」から登録をお願いします.登録手順につきましては,システムに詳細が掲載されますのでご確認ください.
≪大会および情報交換会の参加登録のまとめ≫



■口述発表における注意事項

口述発表演者は必ず以下の内容をお読みいただき,指定した形式での発表データ作成をお願いします.
1.口述演者受付での注意点
発表データは会場内のPC受付(3階イベントホール内) にUSBフラッシュメモリーで提出していただきます.提出は必ず該当セッション開始時間の1時間前までにお願いします.
なお,10月18日(金),19日(土)の各会場の最初のセッションにつきましては,前日までにPCセンターにて発表データをご登録ください.
PCセンターの開設時間は以下のとおりです.
* 10月17日(木)8:10 ~ 17:00
* 10月18日(金)8:10 ~ 17:00
* 10月19日(土)8:10 ~ 15:00
オペレーターがデータを受取り,サーバーにコピーします.その後,サーバーに取込んだデータの確認をその場で行っていただきます.コピーされたデータは発表会場に送られてスタンバイしていますので,会場内の次演者席(会場内左前方)付近にてご発表をお待ちください.なお,コピーされたデータは学会終了後,主催者側で責任を持って消去します.
2.USBフラッシュメモリーを持ち込みでの注意点(Windows)
発表データをUSBフラッシュメモリーに保存する際には,下記の様式で保存してください.またデータの取込みを確実にするために,2種類以上のUSBフラッシュメモリーで持参されることを推奨します.
アプリケーションソフトはPowerPointに限定します.データはWindows:MS PowerPoint 2007~2019で作成されたものをご用意ください.なお,Macintoshをご使用の場合は,必ずご自身のPCをお持ちください.
フォントは文字化けを防ぐために,下記フォントを推奨します.日本語・・・MSゴシック,MSPゴシック,MS明朝,MSP明朝,メイリオ,Meiryo UI
動画ファイル形式に関する注意点
Windows(OS)の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください(動画ファイルはWMV形式を推奨します).
スライドの縦横比は標準(4:3)で作成してください
プレゼンテーションに他のデータ(静止画・動画・グラフ等)をリンクさせている場合は,必ず元のデータも保存していただき,事前に動作確認をお願いします.データ容量が多い場合は,PC本体のお持ち込みを推奨します.
作成に使用したパソコン以外で動作確認を必ず事前に行ってください.
会場で使用するパソコンの仕様は下記のとおりです.
OS:Windows10
アプリケーションソフト:Windows MS PowerPoint 2007~2019
会場内のPCセンターでは,ウィルス対策に万全を期していますが,持参するメディアにウィルスが感染していないことを確認のうえ,お持ち込みください.
3.PC本体をお持ち込みの場合の注意点
Macintoshをご使用の場合は,必ずご自身のPCをお持ちください.
PCセンターの試写用モニタにてケーブルを接続して確認を行います.会場ではD-sub15ピン(ミニ)のケーブルをご用意していますが,本体付属(別売り)のコネクターが必要な場合がありますので,必ずお持ちください.
デスクトップ上のわかりやすい場所に発表データのショートカット(エイリアス)を「演題番号_演者名」として作成してください.(例:157_発表太郎)
画面の解像度はXGA(1024×768)推奨です.
このサイズより大きいまたは小さい場合,画質の劣化につながります.(会場プロジェクターのリアル解像度がXGAになっていますので,最適な画質が得られます.)
動画をご使用になる場合は,PCセンターでの確認の際に必ずお知らせください.
あらかじめ,スクリーンセーバー,省電力設定を解除してください.
会場にて電源をご用意していますので,ACアダプターを必ずお持ちください.
バックアップデータをUSBフラッシュメモリーにて必ずお持ちください.
4.口述発表での注意点
事前にPCセンターで取込んだデータによるプレゼンテーション1面映写です.発表者ツールは使用できません.
一般演題は,1演題10分(発表時間7分+討論時間3分)です.
テーマ演題は,1演題15分(発表時間10分+討論時間5分)です.演台上に計時ランプをご用意しています.
発表終了1分前に黄,発表終了時に赤のランプが点灯します.発表時間をくれぐれも厳守してください.
当該セッションの15分前までに会場の次演者席にお着きください.
発表の際,画面操作は演台上のキーボードとマウスを使用し,演者ご自身での操作をお願いします.
 ※レイアウトは会場により若干異なります.

■総合受付について

開場時間:8時00分
受付開始:8時00分

■その他

1. 発表を取り下げる場合は日本放射線技術学会事務局
(E-mail:office@jsrt.or.jp)までご連絡ください.
2. 担当座長より発表内容についての問い合わせがあった場合は,ご協力をお願いします.