2021年12月10日up 学会雑誌 第77巻12号掲載

[お知らせ]第50回日本放射線技術学会秋季学術大会の概要

大会長 飯田 紀世一

 第50回秋季学術大会は2022年10月7日(金)~9日(日)の会期にて東京都墨田区(両国)の国際ファッションセンター(KFC Hall&Rooms)にて開催します.

 本来第48回秋季学術大会として2020年10月に開催する予定でありましたが新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより止む無く開催中止となり,東京での開催を実現しようと2年先延ばしして回数を新たに第50回として開催することとなりました.その新型コロナウイルス感染症により世界が大きな変革を余儀なくされ,ニューノーマルが浸透し,学会もハイブリッド開催がニューノーマルになりつつあります.

 本大会は,現地開催とオンデマンド配信のハイブリッドで行う予定です.研究発表は,実際に聴講者の前で行い意見交換することの経験や適度な緊張感なども必要であり,現地発表ならではの醍醐味を味わえるようにしたいと考え,現地参加の発表者はライブでの発表が出来るように検討しています.

 今回の大会テーマは「心 技 体 Ready to Go! “Next Stage”」です.本学会は,放射線技術の発展に寄与することを主な目的としています.このために,放射線技術をより発展させるため研究を続けることが重要であり,我々はその技術を患者に提供することが使命です.

 放射線技術をさらに高め患者に寄り添った安全安心な医療の提供が出来て,その技術が実るわけです.そこには患者への思いやる心や研究や診療に取り組む心,チーム医療といった組織体制,医療安全や線量管理,機器管理といった管理体制,そして技術を支える医療機器の進歩も必要不可欠であり,それらの上で技術の発展が成り立っています.そして医療を含む社会が新たなステージに入りつつあり,放射線技術も“Next Stage”へ飛躍していかなくてはなりません.まさに「心 技 体」の調和が重要で,それを持って新たな時代を切り拓くそのように考え大会ポスターは技を中心に心と体で支えるイメージでテーマデザインし,背景は気持ちを奮い立たせるような躍動感高揚感をイメージでデザインしました.「心 技 体」の調和と“Next Stage”を考える機会になれば幸いです.
  第50回秋季学術大会への皆様の多くの研究発表とご参加を心よりお待ちしています.

大会テーマ 心 技 体 Ready to Go! “Next Stage” 
内容 学術講演,研究発表,他
会期 2022年10月7日(金)~9日(日)
会場 国際ファッションセンター(KFC Hall&Rooms)
    〒130-0015 東京都墨田区横網1-6-1
    TEL 03-5610-5801 
    URL https://www.tokyo-kfc.co.jp/
大会長 飯田 紀世一(東京慈恵会医科大学附属病院)
実行委員長 谷畑 誠司 (東京女子医科大学病院)
演題登録期間 2022年4月18日~2022年5月20日(予定)
参加登録費 現地・Web参加ともに
    正会員・賛助会員:12,000円(不課税)
    ※事前参加登録した正会員のみ:10,000円(不課税)
    非会員   :22,000円(税込み)
    学生会員  :無料(学生証提示)
    学生非会員 :3,000円(税込み)(学生証提示)
問合せ先 公益社団法人 日本放射線技術学会 事務局 
    TEL 075-354-8989  E-mail office@jsrt.or.jp

 

  • contents

    • side-menu

      • 本部事務局のサイト
      • 過去の大会 / 大会の予定