発表者・講演者の皆様へ

学会雑誌 第78巻7号掲載

学会雑誌 第78巻3号掲載

参考

1.一般,テーマ,研究班報告,演題発表者の皆様へ

発表会場
原則として発表は現地会場にて行います.事情により現地発表が出来ない場合は音声付き動画スライドを会場で再生して発表を行います.詳細は下記に示す「当日の発表について」をご参照ください.なお,現地大会開催終了後はオンデマンド公開を10 月22 日(土)から11 月19 日(土)まで行います.


発表スライドについて

 本大会の発表スライドは,縦横比は16:9 を推奨します.何らかの事情により現地発表が出来なくなった場合に備えて,発表者の方は全員,発表スライドと音声付き動画スライドの両方を期日までに提出してください.作成した発表スライドと音声付き動画スライドは,8 月下旬に送付されるメールに記載のURL へ9 月27 日(火)までにアップロードをお願いします.

 発表時間(質疑時間は含まず)は一般演題7 分,テーマ演題10 分,研究班報告は15 分です.発表時間を超過することが無いように音声付き動画スライドを解像度:1920×1080(FHD) 縦横比:16:9 形式:MP4 512MB 以内で作成してください.発表時間を超える音声付き動画スライドが提出された場合は,途中で停止させる場合もあります.なお,セッション中はスクリーンや発表者を含めた会場全体のビデオ撮影・録画を行います.オンデマンド配信においてはその動画および音声付き動画スライドを使用します.


当日の発表および質疑応答について


 全ての一般研究発表・テーマ演題・研究班報告は,原則として現地会場にて発表スライドを用いた口述発表と質疑応答を行います.事情により現地発表が出来ない場合は音声付き動画スライドを会場で再生して発表を行います.今大会ではネットワークトラブルなどを防止するため,オンラインでのリモート発表は行いません.ただし質疑応答に関しては,現地発表が出来ない場合に限り,会場からの質問に対してオンラインで回答をしていただきます.現地発表ができない発表者は,セッション開始時間になったら速やかに指定されたウェビナー会場へ入室してください.ウェビナー会場(Zoom)への案内は10 月上旬に演題申し込みに入力した個人メールアドレス宛に行います.もしメールアドレスの変更がある場合は大会運営事務局へご連絡ください.


2.1.以外の発表者(専門部会,フォーラム等の講演者)の皆様へ

発表会場

講演者の方も,原則として発表は現地会場にて行います.事情により現地発表が出来ない場合は音声付き動画スライドを会場で再生して発表を行います.


発表スライドについて

 本大会の発表スライドは,縦横比は16:9 を推奨します.現地発表が出来なくなった場合に備えて,発表者の方は全員,発表スライドと音声付き動画スライドの両方を期日までに提出してください.
 作成した発表スライドと音声付き動画スライドは,8 月下旬に送付されるメールに記載のURL へ9 月27 日(火)までにアップロードをお願いします.
 音声付き動画スライドは,発表時間を超過することが無いように解像度:1920×1080(FHD) 縦横比:16:9 形式:MP4 512MB 以内で作成してください.発表時間を超えた場合は,進行状況により音声付き動画スライドを途中で停止させる場合もあります.
 なお,セッション中はスクリーンや講演者を含めた会場全体のビデオ撮影・録画を行います.オンデマンド配信においてはその動画および音声付き動画スライドを使用しますので,録画・Web 配信が可能な内容での講演をお願いします.
 講演者の方も,現地発表が出来ない場合に限り,会場からの質問に対してオンラインで回答をしていただきます.現地発表ができない講演者は,セッション開始時間になったら速やかに指定されたウェビナー会場へ入室してください.ウェビナー会場(Zoom)への案内は10 月上旬に会員システム『RacNe(ラクネ)』に入力された個人メールアドレス宛に行います.もしメールアドレスの変更がある場合は大会運営事務局へご連絡ください.

〈重要〉
当学会のe ラーニングサイト等に掲載され,Web 公開された講演内容が第三者の著作権,その他の権利及び利益の侵害問題を生じさせた場合,当学会は一切責任を負わず,講師自身の責任でご対応いただきます.また,ご講演資料(スライド・音声等)の肖像権ならびに著作権は当学会に帰属するものとしますが,作成した本人自身がその一部または全部を他の用途に使用することは制限しません.
本大会の発表・質疑応答は原則として現地で行います.現地への来場が不可能となった演者の方は速やかに大会事務局へご連絡ください.大会事務局:jsrt50th@jsrt.or.jp