1.放射線に関する情報提供

■World Health Organization (WHO)

 Communicating radiation risks in pediatric imaging “Information to support healthcare discussions about benefit and risk”
  日本語版
  小児画像診断における放射線被ばくリスクの伝え方 (医療に関する便益とリスクの議論をサポートする情報)
 http://apps.who.int/iris/handle/10665/205033

 

「原子力規制庁 放射線審議会 眼の水晶体の放射線防護検討部会」

ICRP Publication 135: Diagnostic Reference Levels in Medical Imagingがリリースされました

 http://www.icrp.org/publication.asp?id=ICRP%20Publication%20135

■「CT検査による医療被ばくの低減に関する提言」(平成29年(2017年)8月3日)

 日本学術会議 臨床医学委員会 放射線・臨床検査部会
    http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t248-1.pdf

 

■診断参考レベル運用マニュアル(2016年10月1日)

 https://www.jsrt.or.jp/data/wp-content/uploads/2013/07/drl_manual_20161001_ver3.pdf

 

■国連科学委員会2016レポート

 Report to the General Assembly Scientific Annexes: ž
 Annex A – Methodology for estimating public exposures due to radioactive discharges ž
 Annex B – Radiation exposures from electricity generation ž
 Annex C – Biological effects of selected internal emitters-Tritium ž
 Annex D – Biological effects of selected internal emitters-Uranium

■Communication radiation risks in paediatric imaging: Information to support health care discussions about benefit and risk

 http://www.who.int/ionizing_radiation/pub_meet/radiation-risks-paediatric-imaging/en/

 

■Summary Report of ICRP Task Group 84

 Issues Identified from the NPP Accident in Japan and Recommendations to Improve
 the System of  Radiological Protection
 (日本の原子力発電所事故で明らかにされたことと、放射線防護システム の改善への提言)

 ・TG84 Summary Report 
 TG84 Summary Report (日本語)

国連科学委員会2013レポート「電離放射線の線源、影響およびリスク」

 UNSCEAR 2013 Report: “Sources, effects and risks of ionizing radiation”.

 第1巻 「国連総会への報告 および 付属文書A」
 Volume I: Report to the General Assembly, Scientific Annex A
 国連総会への報告
 Report to the General Assembly
 付属文書A:2011年の東日本大震災と津波の後に発生した原子力事故に対する放射線被ばくのレベルと影響

  Annex A: Levels and effects of radiation exposure to the nuclear accident after the 2011 great east-Japan earthquake and tsunami

 第2巻 付属文書B 「小児における放射線被ばくの影響」

 Volume II Annex B – Effects of radiation exposure of children
 

ICRP 2012 Annual Report

 http://www.icrp.org/docs/ICRP%20Annual%20Report%202012.pdf

 

■食品から受ける放射線量の調査結果(平成25年3月陰膳調査分)

  (平成25年11月8日) 厚生労働省医薬食品局 食品安全部
 

■IAEA, Safety Reports Series No.71 “Radiation Protection in Paediatric Radiology”

 http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/Pub1543_web.pdf

 

■WHO, Preliminary dose estimation from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami

 http://www.who.int/iris/bitstream/10665/44877/1/9789241503662_eng.pdf

 

■低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ報告書(内閣官房)(平成23年12月22日)

 http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/twg/111222a.pdf

 

■放射線治療装置における放射化物の管理に関する学会標準 初版(平成26年4月14日)

 https://www.jsrt.or.jp/data/wp-content/uploads/2014/04/riniakku-release140414A.pdf

 

■新しい放射線副読本 (平成26年2月28日 文部科学省)

 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/02/1344734.htm

 

■IAEA Safety Standards / Radiation Protection and Safety of Radiation Sources: International Basic Safety Standards

 http://www-pub.iaea.org/MTCD/Publications/PDF/Pub1578_web-57265295.pdf

 

■「膀胱がん・喉頭がん・肺がんと放射線被ばくに関する医学的知見を公表します」
  厚生労働省「電離放射線障害の業務上外に関する検討会」報道発表資料
      (座長:独立行政法人放射線医学総合研究所 米倉義晴理事長)

     http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000068432.html

 

2.法令等に関する情報

診療放射線技師学校養成所指定規則の一部を改正する省令の施行について(通知)
 
(平成30年3月30日医政発033048号・29文科高第1187号)

 

放射線業務における眼の水晶体被ばくに係る放射線障害防止対策について
 
(平成29418日 基安発04182号)

 

原子力災害対策指針(平成24年10月31日原子力規制委員会決定)
   (平成25年6月5日全部改正)
 

■安定ヨウ素剤の配布・服用に関する解説書(平成25年7月19日原子力規制庁)

 ・安定ヨウ素剤の服用に関する解説書(地方公共団体向)
 ・安定ヨウ素剤の服用に関する解説書(医療機関向)
  

■RI規制(放射線障害防止法について) 原子力規制委員会
 http://www.nsr.go.jp/activity/ri_kisei/
 概要だけでなく、FAQ、事務連絡等も載っており、新しい情報が入るとupdateされていきます。

 

 「医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について」の一部改正について
 (平成26年3月31日 医政発0331第16号)
 ・放射化物の防止法の規制対象への追加に伴う対応
 ・エックス線診療室の漏えい線量算定評価法の技術進歩に伴う対応

 

診療放射線技師法等の一部改正の施行について
 (平成26年6月25日 医政発0625第6号)

診療放射線技師法施行令の一部を改正する政令の施行について
 (平成26年6月25日 医政発0625第8号)

診療放射線技師法及び臨床検査技師等に関する法律の一部改正の施行等について
 (平成27年3月31日 医政医発0331第2号)