2019年度(2019年3月1日)から,「会員の登録に関する規程」ならびに「会費納入規程」の学生会員に関する条文が改訂されますので改定の要点についてお知らせします.

 

1.「学生会員の会員資格の喪失と復活」における変更の要点

  • 現在は,「・・・資格発効後6年を限度として自動的に資格を喪失する・・・」となっていますが,「・・・資格発効から継続して原則9年を限度として自動的に資格を喪失する・・・」と改訂します.
  • 現在は,「毎年学生証の写しもしくは在学証明書の提出期限は,当該年度の7月末迄とし,提出がない場合には資格を喪失する」となっていますが,「・・・提出期限は,当該年度の7 月末迄とし,提出がない場合には資格を停止する.ただし3 項の継続限度を超えない期間に在学証明書を再度提出した場合は資格を復活することができる」と改訂します.

 

2.学生会員の会費における変更の要点

 現在は,「会費 年額 3,000地方支部費 年額 2,000/支部(1支部免除)専門部会費 年額 1,000/部会」となっていますが,「会費 在学期間 3,000地方支部費 免除(1支部のみ登録可能)専門部会費 免除(複数登録可能)」と改訂します.

従って,入会するときに会費3,000円を納めた後,毎年学生証の写しもしくは在学証明書を提出するだけで学生会員を継続できます.

 

3.学会誌の冊子体による配布について

 本規程の改訂にともなって学生会員の会費が減額され,地方支部費や専門部会費も無償になるとともに資格期間の延長も実施されることから,現在の学会誌(和文・英文)の冊子体による配布特典を廃止させていただきます.なお,従来どおり電子版の学会誌(和文・英文)は閲覧できますのでご活用ください.