会員の皆様へ

 

 いつも本学会活動にご理解とご協力を賜りありがとうございます。

国際放射線防護委員会(ICRP)の2011年に計画被ばく状況における職業被ばくに関する眼の水晶体の等価線量限度の変更に関する勧告を踏まえ、平成30年3月に放射線審議会から「眼の水晶体に係る放射線防護の在り方について」(眼の水晶体の放射線防護検討部会決定)の意見具申がなされており、各省庁が意見具申の内容を検討し、必要な規則、告示の改正を行うとされており、原子力規制庁と厚生労働省からそれぞれパブリックコメントが募集されています。

原子力規制庁分は2019年11月15日(金)、厚生労働省分は2019年11月14日(木)まで意見を提出することができます。

 

・眼の水晶体の等価線量限度の変更に関する規則等の改正案に対する意見募集手続の実施について(1/2)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198019121&Mode=0 

 

・眼の水晶体の等価線量限度の変更に関する規則等の改正案に対する意見募集手続の実施について(2/2)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198019120&Mode=0

 

・電離放射線障害防止規則の一部を改正する省令案に関する意見募集について

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495190229&Mode=0

 

・電離放射線障害防止規則第3条第3項並びに第8条第5項及び第9条第2項の規定に基づく厚生労働大臣が定める限度及び方法を定める件の一部を改正する件(案)に関する意見募集について

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495190230&Mode=0

 

 

 つきましては、本学会として出すべき意見がございましたら、学会事務局宛(office@jsrt.or.jp)に、メールでご連絡をお願いいたします。また、この件に関する学会への意見でも構いません。その際、タイトルは必ず「水晶体の線量限度変更パブリックコメントに関する意見」としてください。

なお、意見の受付期限は2019年11月1日(金)とさせていただきます。また、ご意見は、本学会を介さずに個人として提出することも可能です。

以上、よろしくお願いいたします。