日本診療放射線技師会と日本放射線技術学会が共同で開催する公開合同学術セミナーは14回を数えることになりました.今回は,熊本県放射線技師会が担当し,「乳がん」をテーマに市民公開講座として開催します.乳がんは,女性の部位別がん罹患数で第1位であり,とても身近な病気です.どのように診断し,どのような治療法があるのか,くまもと森都総合病院の奥村恭博先生をお招きし,わかりやすくお話いただくと共に,乳がんの診療における診療放射線技師の役割について考えたいと思います.

 乳がんは早期に発見できれば、治療の負担も少なく、根治できる可能性が高いがんです.今回の市民公開講座を通して、乳がんについての正しい知識、検診の重要性や治療の内容や治療中のサポートなどについて,より多くの方々に知っていただきたいと思います.ぜひ,多くの会員と一般市民の方にご参加頂きますようご案内します.

 

テーマ 正しく知ろう!!乳がんのこと
日時 2020年8月22日(土)13:00~16:15
     
会場 くまもと県民交流館パレア パレアホール
〒860-0808 熊本市中央区手取本町8番9号
定員 100名
参加費 無料
定員 定員300名の会場ですが,コロナ対策により先着100名とさせていただきます.
(事前申込不要)
     
プログラム 開催挨拶
    公益社団法人日本診療放射線技師会 会長  中澤 靖夫
公益社団法人日本放射線技術学会 代表理事 白石 順二
    講演(13:10~14:40)
1)「乳がんの画像診断における診療放射線技師の役割」
    熊本大学病院 医療技術部 清水 紀恵 (JSRT)
    2)「乳がんの放射線治療」
    会医療法人博愛会 相良病院 大迫 俊一 (JART)
    3)「知ってほしい.乳がん患者さん・家族のために看護師ができること」
    熊本赤十字病院 乳がん看護認定看護師 山下 真由
    特別講演(14:50~15:50)
「乳がんの診断・治療について 」
    くまもと森都総合病院 医長乳腺センター部長 奥村 恭博 先生
    質問コーナー(15:50~16:10)
    閉会挨拶
    一般社団法人熊本県放射線技師会 会長 西小野 昭人