第75巻の論文特集号では「放射線診療の医療安全を科学する」と題して,医療安全をテーマとして原稿を募集します.この医療安全は,放射線診療を支えるとても重要な概念・行動ではありますが,日常診療を通じた経験によるところが多く,最先端の学術研究として捉えるにはやや難しい領域かもしれません.今回,敢えて,この医療安全を特集することにより,多くの医療安全に関する事例を「臨床技術」として公表して頂き,多くの会員の日常診療にフィードバックして頂くことはもちろんのこと,更には「原著論文」として「科学」としての可能性を見出すことができればと考えています.

「科学する」とは何かを一言でいうことは難しいのですが,その基礎にあるものとしては「計測する」「比較する」ことがあります.今回のテーマでは,例えば「医療安全の新しい取り組みの前後で何かを計測し,比較する」ことであり,計測・比較するものは,時間,距離,意識,回数,人数,線量など様々なものが当てはまるのではないでしょうか.対象も,日常診療を通じた,モダリティ毎の安全対策での技術的な改善・改良はもちろんのこと,組織的な取り組みやマネージメント,モデル化とシミュレーション,システマティック・レビュー,安全教育,患者とのコミュニケーションと意識調査など,放射線診療に関わる全てが対象になるものと考えられます.

別の見方をしますと,様々な領域の専門性をもつ技術学会会員が,従来からの専門性を生かしながら新しい領域である「医療安全」を「科学」として,半歩でも一歩でも拓き固めていくことが,技術学会の「学際化」を進める試金石になるのではないかと考えています.

 本特集号では,分野を問わず,「臨床技術」「資料」としての事例報告から「原著論文」としての新規性の高い医療安全の知見まで,ぜひ,奮ってのご投稿をお願いします.

 

チーフエディタ 小笠原克彦 (北海道大学大学院)
エディタ 土`井   司 (高清会 高井病院)
  上田 克彦 (京都大学病院)
  麻生 智彦 (国立がん研究センター中央病院)
  栃原 秀一 (熊本大学病院)

 

1.対象分野: 放射線技術に関連するあらゆる分野の医療安全に関する論文で,本学会誌の投稿区分の原著・ノート・臨床技術・速報・資料のいずれかとする.
2.論文投稿締切日: 2019年6月1日(土)
3.掲載予定号: 第75巻第11号(2019年11月20日発行予定)
4.論文の執筆と取扱い:
  論文ついては本会ホームページ「学会誌・論文投稿」の投稿規定を参照してください.
  非会員の論文筆頭著者の投稿料は,特集号に限って必要ありません.
  予定総ページ数を超えた場合や手続きの都合で特集号以降に掲載される場合もあります.