病院情報の電子化に伴い,院内の情報システムは業務の要となり,診療業務の細部までコンピュータシステム化が進展しています.放射線部門でもRISやPACSが普及し,フィルムレス運用が行われています.フィルムレス運用におけるシステム担当者の役割は非常に重要であり,電子保存に関する取り決めや各種ガイドラインや標準規格について十分な知識が求められていますが,多くの方は医療情報システムを利用しているにとどまり,その仕組み自体について触れる機会は非常に少ないのが現状かと思います.そこで,医療情報部会では,これまで担当者向けに開催してきたPACS Specialistセミナーの経験を踏まえ,超初級者から中級者までを対象とした医療情報に関するセミナーを提供することになりました.医療情報システム系資格の取得を目指す方,関連ガイドラインや標準規格の初歩から復習を行いたい方も含め,多くの皆様のご参加をお待ちしています.

 

日時 2019年11月16日(土)10:00~17:00
会場 大阪市立大学 医学部学舎18階会議室
    〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
募集人数 40名
参加費 学会員 6,000円 (医療情報部会会員 4,000円)  非会員 12,000円 
    ※本学会員の方で医療情報部会にも入会されている方は,
    会員価格からさらに2,000円引きの会員特典価格:4,000円にて受講できます.
参加資格 不問(医療情報分野に興味のある人,新しくシステムの担当者になった人など.)
     
更新ポイント:医療情報技師育成ポイント:3点
医用画像情報専門技師更新ポイント:15点
 
申込期間 2019年9月25日(水)10:00 ~ 10月25日(金)17:00
お願い 宿泊等が必要な方は,ご自身での確保をお願いします.
     
プログラム (都合により変更することがあります.)
    1)医療情報って何なのだ?        「知っておきたい基礎知識」
    2)画像情報管理とは?          「知っておきたいPACSの構成とネットワークの基礎」
    3)基礎から学ぶ困ったときの知恵袋 「知っておきたいガイドラインの紹介」
    4)業務に使える標準規格とは     「知っておきたいDICOM,PDI,JJ1017」
     
テキスト セミナーテキストは,叢書(36)「図解 知っておきたい放射線情報システムの構築」(定価1,600円)を使用します.学会ホームページの書籍ウェブショップからご購入いただけます.既に購入済みの方は,当日持参してください.また,セミナー当日は定価から25%引きの1,200円で販売します.(セミナーテキスト価格となっています)
     
申込方法 会員システム『RacNe(ラクネ)』にログインしてお申し込みください.非会員でもご利用いただけます.はじめに,申込の手順 http://www.jsrt.or.jp/data/seminar-entry/ をご一読ください.
    ※E-mailアドレスは,必ず連絡可能で添付文書が受取れるアドレスを正確にご登録ください.
    ※セミナー当日までの連絡は全てメールで行います.
    ※メールが届かない場合,迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください.
    ※申込み後,自動返信メールが届かない場合は事務局(TEL:075-354-8989)までお問い合わせください.
     
問合先 近畿大学奈良病院 放射線部 安田満夫
    E-mail  pacs_bs_jsrt@rad.hosp.tohoku.ac.jp  TEL 0743-77-0880
     
後援 一般社団法人 日本医療情報学会
    一般社団法人 日本医用画像情報専門技師共同認定育成機構