核医学部会では,オンラインで核医学に関する論文を抄読する会(核医学オンラインジャーナルクラブ)を定期的に開催しています。核医学オンラインジャーナルクラブの特長として,論文の抄読を担当していただく演者は,その論文の筆頭著者もしくは共著者としておりますので,著者に直接質問をすることができます。オンラインジャーナルクラブを通して,論文に接する機会を増やし,論文執筆のきっかけになればと考えています。論文に触れることが少ない方,論文執筆経験のない方,また,論文抄読会の経験豊富な方の参加をお待ちしております。是非,多くの方にご参加いただきますようご案内します。

   
日時 2021年7月26日(月) 19:00~20:00
   
開催方法 Web環境による配信
参加費 会員 1,000 円 (核医学部会会員 1,000 円),非会員3,000 円
参加資格 不問(論文に触れることが少ない方,論文執筆経験のない方,論文執筆に興味のある方など。)
申込期間 2021年6月1日(火) ~ 7月14日(水)
申込方法 会員システム『RacNe(ラクネ)』にログインしてお申し込みください.
    はじめに,申込の手順 https://www.jsrt.or.jp/data/seminar-entry/ をご一読ください
    ※E-mailアドレスは,必ず連絡可能で添付文書が受取れるアドレスを正確にご登録ください。
    ※セミナー当日までの連絡は全てメールで行います。
    ※メールが届かない場合,迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください。
    ※申込み後,自動返信メールが届かない場合は事務局(office@jsrt.or.jp)までお問い合わせください。
   
ファシリテーター 中村 祐也(熊本大学病院 医療技術部 診療放射線技術部門)
抄読担当者 深見 光葉 先生 (杏林大学 診療放射線技術学科)
紹介論文 Evaluating the effectiveness of a single CT method for attenuation correction in stress-rest myocardial perfusion imaging with thallium-201 chloride SPECT.
     Radiological Physics and Technology 2020: 13; 20-26.
     https://link.springer.com/article/10.1007/s12194-019-00540-8
   
問合先 金沢医科大学 物理学教室 奥田 光一 (おくだ こういち)
E-mail okuda@kanazawa-med.ac.jp